hatena challenge !

自学ブログですが、よかったら見ていってください(゜▽゜) ※現在、論語チャレンジ中※

学而第一 その14(14/512)

 

着々と進んでおります、論語チャレンジ!

楽しいな~論語

昔のとっても偉い人の名言集を読んでいる感覚。(まちがっていない)

そしてその名言集の読書感想文を書いてる感覚。(そのとおりである)

 

ともかく楽しいです(゜▽゜)

f:id:funiculi-funicula:20180616135753p:plain

^ワ^



学而第一その14

 

書き下し文

わく、くんしょくくことをもとむるく、きょやすきをもとむるし。ことびんにしてげんつつしみ、有道ゆうどういてただす。がくこのむとうべきのみ。

 

APPALA訳

孔先生は言った。

「君子は食べることに贅沢を求めたり、住まいに贅沢を求めたりしないのです。仕事は速やかに行い言葉を慎み、人徳者に就いて己を正す。こうして自己研鑽をかかさない人が”学を好む人”と言えるだろうね。」

 

感想

「一度きり?の人生を楽しむ」という点において、

衣食住で贅沢をしないというのは、

なんだかもったいない感じもします。

 

でも、孔子がいうのはきっとそういうことじゃないね。

 

「その国の情勢によるけれど貧しい国民もいるかもしれない中、

 

君主だからといって贅沢をするというのは、

 

やっぱり優れたトップと言えないよね」

 

ってことだよね。

 

たしかに、世を回す道理というか、

 

一つの職場とかクラスとか部活なんかでも、

 

その組織を”回す人”と”動く人”がいるわけであって、

 

それがうまく機能するためには、

 

回す側が動く人の気持ちを慮る必要があって、

 

それがないと信頼関係がガタつくだろうし、

もしかしたらそもそも信頼関係自体が生れないかもしれなくて、

 

自分ももし、いつか上司とかそういう立場になったら、

 

部下の気持ちを慮れる人間でありたいと

 

そう思いました。

 

ってことで、

 

まとめ

 

超真面目回となった学而その14の学び、

 

「いつか上司になったら、一番に部下のことを想える人になりたいです」

 

今更だけど、最後のまとめ色変えたほうが見やすいね!

 

これからそうしよ~!

 

ということで、

 

おしまい。

 

 

 

---------------------------------------------------------

今回も参考にさせていただきました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

 ---------------------------------------------------------

 

学而第一 その13(13/512)

 

最近、雨模様の日はきまって頭痛に悩まされます。

今までそんなことなかったのに!

私も雨に唄えばの人みたいに、傘持ってくるくる回って歌いたい~

 

f:id:funiculi-funicula:20180615222432p:plain

カエルぴょこぴょこ頭痛よ治れ~

 

 

学而第一その13!

 

書き下し文

有子ゆうしわく、しんちかければ、げんむべきなり。きょうれいちかければ、恥辱ちじょくとおざかる。ることしんを失わざれば、たっとぶべきなり。

 

APPALA訳

有先生は言った。

「約束事をするなら、それが道義に反してなければ、果たすべきだね。丁寧で礼儀正しくって思うだろうけれど、それに行動が伴えば、自分が恥ずかしくなることはないだろうね。人に頼った時その人が信頼関係を保ってくれたなら、やはり尊ぶべきだね。」

 

感想

 

なんだかなー!訳が難しい!

 

はたして合っているのか?

調べてみても、いろんな訳があって分からんかったです。

 

 

でもあれだね、

 

とても普通のことを、とても正しく言っている

 

って感じだね。

 

つまり、もっとかみ砕くとこういうことでしょ。

 

  1.  約束したなら筋を通せよ(だたし道義に反してないことが前提だぜ☆)
  2. 礼儀ってのは気持ちと行動が伴わないと意味ないぜ☆
  3. 誰かに頼るときは、人を選べよ(じゃないと痛い目見んぜ☆)

 

大体こういうこと。多分ね。

 

ってことで、

 

まとめ

 

学而その13の学び、

 

「人を見る目は養いなさいよ」

 

です。

 

・約束する相手は見定めなさいよ

・礼とは対ヒトにするものですよ

・頼る人も見誤らないように注意しなさいよ

 

ってことで結局は、

 

「己が賢くあれ」

 

というのが有先生のメッセージなのでは、と

 

思ったわけでございます。

 

しゃんとしないとね、対人関係のそういうことは。

 

予期せぬほうに引っ張られやしないように!

 

ってことでおしまいです。

 

 

---------------------------------------------------------

今回も参考にさせていただきました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

 ---------------------------------------------------------

学而第一 その12(12/512)

 

こんにちは、APPALAです。

新しいALL-FREEのCMをみました!

透明なオールフリー、コンビニ限定らしい「ALL-TIME」。

これは買わねば…!

 

f:id:funiculi-funicula:20180614104054p:plain

左が慎吾ちゃん右がゴローちゃん


ということで、

今日は学而第一その12

 

書き下し文

有子ゆうしわく、れいようたっとしとす。先王せんおうみちこれす。小大しょうだいこれるも、おこなわれざるところり。りてするも、れいもっこれせっせざれば、おこなうべからざるなり。

 

APPALA訳

 有先生は言った。

「礼儀の根本は"人と和を為すこと"つまり”人と仲良くすること"なんだ。昔の優れた君主もこれを美と捉えていたのだよ。物事の大小あるだろうがこれが大事なの間違いない、かといって仲良くすることばかり考えていてもうまくいかないものでね。”和”の大事さを知って人と仲良くすることを心掛けながらも、”礼儀”によってケジメをつけなければ、うまくいかないってもんだよ。」

  

感想

 

有先生いいことおっしゃる!(゜▽゜) 

 

たしかにその通りだよなあ

 

「和」=「人と仲良くすること」と訳したのは

もしかしたら偏った解釈かもしれないけれど、

 

本来礼儀って

 

かしこまったり、

あがめたり、

たてまつったり、

 

そういうもんじゃないもんね。

 

私は上司や先輩と話すことがとても苦手で、

 

「失礼があっちゃいけない」

「嫌われたら一巻の終わりだ」

 

なんて意識があって、なんかいつもびくついてるんだけれど(自覚はあるタイプ)

 

でもそれって相手からしてもいい気がしないというか…

 

むしろそれが失礼なんでしょうね!泣(自覚はあるタイプ)

 

 

でもできないんだよな~~

 

 

なんでかな~~~~😠

 

 

心の中では、上司とかそういう年齢関係なしに本心で話せるようにしたいって思ってるんですけどね~~

 

年上とか、失礼しないようにとかじゃなくて、対ヒトとして尊敬して話したいと思ってるんですけどね、、

 

思ってるんですけどね~~~😠

 

 

学而12に来て、

自分がいかに人と仲良くすることが苦手か思い知らされたような感じです。笑

 

 

というか、

「礼儀」と「人と仲良くする(和)」って対極の位置にあるんじゃないの?

って自分が思っていたことが今回分かって、

 

そこが自分のウィークポイントなんだなって、

なんだか、とても、ひしひしと、

痛感したわけでございます、はい。

 

 

 

まとめ

 

学而12、

胸にぶっ刺さるものがありました。

 

学び

「私は媚びて生きてきてました」

 

 

媚びたことでここまで生き延びてきました。

 

でもそれは自分の理想とするものではない。

 

もっとたくましく、自分の本心で生きていきたい。

 

生きていきたいもんです…(切実)

 

 「親しき中にも礼儀あり」

ということわざがありますが、

 

 「礼儀も大事だが仲良しに」

という語呂の悪い格言を胸に、(勝手に作るスタイル)

 

もう少し人付き合いが身軽にできる人間になれたらいいなと思います。

 

ゆくゆくは二宮和也さんのようなソーシャルスキルを!

 

…そこまでは難しいね。

 

でも目標だ!

 

ということで、おしまい!

 

 

---------------------------------------------------------

今回も参考にさせていただきました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

 ---------------------------------------------------------

学而第一 その11(11/512)

 

論語のシーズン1(学而第一のことですけれども)

今回を含めてあと6個です!

 

残りも楽しくやっていきたいなと思いますが、

そうはいっても、論語自体はシーズン20まであるので長旅でございます。

 

f:id:funiculi-funicula:20180613111621p:plain

のんびり楽しくやっていこうの図

 


ということで、今日は

学而第一その11!

 

書き下し分

わく、ちちいませばこころざしちちぼっすればおこないる。三年さんねんちちみちあらたむることきは、こううべし。

 

APPALA訳

孔先生は言った。

「父が存命中に父の志を観察し、父が没したのちは父の行いを思い返す。喪に服す三年のあいだは父のしきたりを改めない、これは孝行と言えるだろう。」

 

感想

 

よく言うよね、 

 

「親孝行のしたい時分に親はなし」

 

ね。

 

ってことで 、

 

まとめ

 

え、今回早くない?😲

 

自分でもそう驚いている所存でございますが、

 

致し方ない!

とくに書くことが思い浮かびませんでした!

 

学而その11の学び、

 

「親に限らず、人生とはドラマティックなものですから!」

 

身近にあるドラマ(生きざま)をじっくり観させてもらって、

 

素敵だなと思うところは自分に活かして、

 

反面教師に思うところも、自分に活かして、

 

その人のドラマが完結してしまったときには

 

心から哀悼と感謝の気持ちを込めて

 

喪に服したいですけどね。

 

そんな思いです。

 

ってなんの話じゃ!うまくまとめられなかった!

 

おしまい! 

---------------------------------------------------------

今回も参考にさせていただきました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

 ---------------------------------------------------------

学而第一 その10(10/512)

 

APPALAです。いきなり暑くなりましたね!

大黒摩季もびっくりです。(熱くなれ!)

 

f:id:funiculi-funicula:20180612111815p:plain

暑い~~

 

ところで、よくブログで見かける、

吹き出し使って会話形式に書いているやつ。

 

あれをやってみたい!

 

ひそかに画策する今日この頃です。

 

今日は、学而第一その10!

 

書き下し分

きんこういてわく、ふうくにいたるや、かならまつりごとく。これもとめたるか、そもそもこれあたえたるか。こうわく、ふうおんりょうきょうけんじょうもっこれたり。ふうこれもとむるや、ひとこれもとむるとことなるか。

 

APPALA訳

子禽が子貢に尋ねた。

「うちの先生(孔先生)はどの国に行っても、必ずその国の政治話をお聞きになってますね。これは先生が求めてのことなのでしょうか、それとも向こうから持ち掛けられてのことなのでしょうか。」

 

子貢は言った。

「孔先生は『温・良・恭・倹・譲』(人柄が温かく・素直で・丁重で礼儀正しく・つつましやかで・へりくだっている)、こういう方だから自然と相手方から持ち掛けられてるのだと思うよ。時に孔先生が求めてのことでも、他の人が政治話を持ち掛けるそれとは異なるとは思うけれどね。」

 

感想

 

二人出てきたーーーー!

 

これは新展開ですね。

しかも二人とも新キャラです。

調べましょう。

 

子禽とは

  •  本名は陳亢ちんこう。字は子禽しきん孔子より40歳年下と言われている。

 

ということは、

・孔大先生(孔子本人)

・子禽(孔子より40歳下)←New!

・有子(孔子より43歳下)

・子夏(孔子より44歳下)

曾子孔子より46歳下)

 

人多っ!

 

  • 七十子しちじっしでも、孔門十哲こうもんじってつ でもございません!

子禽さんは選ばれし者ではないようです。

でもまた論語に登場するみたいです(゜▽゜)

 

  • しいていうなれば、考えすぎるタイプだった?!

  参考:【世界むかしばなし】11 孔子の教え―陳亢と伯魚

 

 

一方、子貢とは

  •  本名は端木賜たんぼくし。字は子貢しこう孔子より31歳年下と言われている。

 

ということで、

・孔大先生(孔子本人)

・子貢(孔子より31歳下)←New!

・子禽(孔子より40歳下)←New!

・有子(孔子より43歳下)

・子夏(孔子より44歳下)

曾子孔子より46歳下)

 

ですが、もうすでに登場お弟子さん多い~~。

今度、年齢順の図でも作ろ~~(・ω・‘)

 

  • 孔子の高弟、七十子しちじっし孔子の門人のうち才能の突出した70余人の学生)の一人。

選ばれし七十子です。

 

  • 孔門十哲こうもんじってつ孔子の弟子の中でも最も優れた10人の弟子)の一人。(※ただし、この孔門十哲には、曾子を始め子張など名を残した面々が入っていないため、孔子自身が選んだ人選ではなく、第三者による選出であるとするのが定説らしい。Wikipediaより*1)

さらに選ばれし孔門十哲

子貢は、言語(弁舌の才)に優れた十哲だったそうな。

 

  •  外交の能力も長けていて、商才にも恵まれていた。

 

  • 孔子死後の弟子たちの実質的な取りまとめ役を担った。

孔子が亡くなった後、弟子たちは 3年間喪に服したそうだが、子貢はさらに3年間喪に服していたそうな。

 

 

ということで、

子貢は情報が多いのでこれくらいにします!

 

 

まとめ

今日は、訳も登場人物調べるのも、

とにかく時間かかった~~

 

ので、さっさと学而その10の学びにいきます!

 

ズバリ

 

「子貢さん、めっちゃ孔先生を尊敬してるよね!」

 

です。

 

もちろん子禽さんもそうなんだと思うけれど、

子貢の文章からは一層感じられる、孔子へのリスペクト。

 

「うちの先生はほかの人と違うから!」

 

「まじ人出来てっから!」

 

という雰囲気をがっちりキャッチ~しました。

 

師弟愛素晴らしい!

 

以上、おしまい。

 

---------------------------------------------------------

今回も参考にさせていただきました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

 ---------------------------------------------------------

学而第一 その9(9/512)

 

左目にものもらいができました、APPALAです。

また新たなキャラクターが完成!(おなじみマクパペット

 

  

f:id:funiculi-funicula:20180611110830p:plain

曾子のイメージ。「20歳」「親孝行」「真面目」「緑」「豚」(子どものために豚をしめる昔ばなしがあるらしい)

 

曾子」です!

 

誰が何と言おうと曾子です!

今日は彼が出てきます!

 

学而その9!

 

 

書き下し分

そうわく、わりをつつしみ、とおきをえば、たみとくあつきにせん。


APPALA訳

曾先生は言った。

「人の人生の終わりを心から慎み、遠い祖先をも想えば、人徳は自然と厚くなるものであろう。」

 

感想

今更だけど、

この言葉は曾先生が何歳くらいの時に言ったものなんだろうね。

 

二十代で言ったのか、三十代で言ったのか、

はたまたもっと若くして言ったのか、もっともっと年齢を重ねて言ったのか…。

 

なんだか無性に気になります。

 

というのも、

これまで曾先生を20歳としていろんな人と年齢を比べていたから、

 

 

自分のイメージの曾先生は20歳…(゜゜)

 

でも弱冠20歳で言わないか。

そしたら曾子のお弟子さんたち当時ティーンエイジャーになっちゃうもんね。

 

 

話を戻して、

この学而その9にある、”終わりを慎み”。

 

人の死を悼むのは生理現象のようにも思いますが、

世には「失笑恐怖症」なんてものもあり、

不謹慎と理解しながらもその空気感に堪えられず

お葬式で笑っちゃうなんてこともあるわけで、

 

現代人からすると、

 

人から徳を集めるよりも、

人から反感を買わないよう気を付けなければいけない、

 

そんなご時世に感じます。

 

てなわけで、

 

まとめ

学而第一その9の学び

 

「本当の人徳は、集めようとして集められるもんじゃない気がします」

 

 

友達と一緒で、

 

作ろうと思って作るものじゃなくて、

 

自然に出来ているもの。

 

みたいな感覚ですけどもね。

 

政治家でもあるまいし、なんだか縁遠くてよくわかりません。

 

おしまい!

 

 

---------------------------------------------------------

今回も参考にさせていただきました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

 ---------------------------------------------------------

 

学而第一 その8(8/512)

 

   f:id:funiculi-funicula:20180609234359p:plain

 

満を持して!なんとこのブログにも画像が貼られました!

大好きなマクパペットを利用して作った、

孔子」です。

 

孔子なんですよ。。

 

そして、初めてはてなスター?を頂きました!!

嬉しや~ありがとうございます(〃▽〃)

 

 

 

では、学而その8!

(書き下しとか訳の横に、学而その〇とか書かない方が良いのかな(゜▽゜))

 

書き下し分

わく、くんおもからざればすなわあらず。まなべばすなわならず。ちゅうしんしゅとし、おのれかざるものともとすることかれ。あやまちてはすなわあらたむるにはばかることかれ。

 

APPALA訳

孔先生は言った。

「上に立つ者に重々しさがなければ威厳がない。学べば"意地っ張り"や"分からずや"にはならない。嘘偽りない心を主とし、己が尊敬できない者を友人にしない。そして過ちに気づいた時に即刻改めることが大事だ。」 

 

感想

今回は 君子を、「上に立つ者」と訳しました。

年を重ねれば、いつしか自分も誰かの目上になるわけで。

威厳を示す必要も出てくるかもしれませんが、

「威厳を示すこと」は「意地を張ること」ではない

というのをしっかり胸に刻みたいところです。

 

先輩になったとたん、

調子乗って先輩風吹かせちゃったらヤだもんね。

 

というか、孔子の言葉を読むと、

上に立つものには威厳が必要だ→威厳は意地っ張りとは違うよ→意地っ張りは学ぶことで治せるよ→学ぶことは上に立つものに必須だね

 

という構造が見えてきますね。

 

ふーむ。

 

あと、「己が尊敬できない者を友人にしない」は、

逆の言い方のがしっくり来るかもしれないね。

 

「己が尊敬できる者を友人にする」

 

うーむ、私は友人に恵まれている。

 

 

まとめ

ということで、

学而第一その8の学び。

 

「ひとつ、威厳は威張ると全く違う!ふたつ、リスペクト出来る友人を作れ!みっつ、自分の間違いに気づいたらあっさり謝れ!」

 

です。

 

つまり、

 

謙虚さを忘れるな!ってことに通ずると思う。

 

気品があって、徳があって、そんな人になれたら素敵だね。

 

中国だと君子、英国では紳士淑女なんて呼び名があるけど、

日本ではなんて表現するのかな?

 

 

 おしまいです。

 

 

 

---------------------------------------------------------

今回も参考にさせていただきました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

 ---------------------------------------------------------