hatena challenge !

自学ブログですが、よかったら見ていってください(゜▽゜) ※現在、論語チャレンジ中※

そもそも論語って何なの?

 

元気があればなんでも出来る!

現金もあればおおむねいける!

どうも、夢は豪華クルージングの旅、APPALAです。

 

 

今日は、論語の中身に入る前に、

「そもそも論語ってなんなの?」というところを調べていこうと思います。

※とりあえず気楽に学んでゆくスタイルですので、

 間違った解釈や情報もあるかと思います。ごめんなさい。

 のんびりご覧下さいませ。

 

 

 初めて目次使ったぞ(゜▽゜)

 

 

 論語ってどんな話?

ずばり

孔子と彼の高弟(弟子の中で特にすぐれた弟子)の言葉や行動が、細々とたくさん綴られたお話」

 

と思われます。

 

そのため、

フィクションではなくノンフィクションであって、

小説ではなくエッセイのような、そして、

長編ではなくオムニバスのような感じ。

 

ふーむ。なるほど、なるほど。

 

 論語ってどれくらい古い話?

孔子さんが生まれたのが紀元前551年って本に書いてあったから、

「今からさかのぼって2500年は昔!古っ!」

 

 論語、大ベストセラー本です。

 

 

 論語の作者は?

孔子の弟子たち」

だそうです。

 

しかし、弟子たちはどんな気持ちで師匠や兄弟子の言行をまとめたのだろう。

 

「先生たちのありがたい言葉忘れるべからず!」

という思いだったのか、

 

「昨今この国の情勢はよくない。先生たちの思いを後世につなげなくちゃ!」

という思いだったのか。

 

「ちょっと稼いじゃう?」 

なのか。

 

全くもって違うのか…。

 

でも、なんやかんや師弟の信頼関係を感じる…。

 

自分の脳内の弟子たち、ちょっと可愛らしいです。

 

 

 いやいや、孔子って何者?

「中国・春秋時代(紀元前500年くらい)を生き抜いた、思想家・哲学者」

「とても聡明な人」 

「弟子からの信頼が厚い人」

「74歳まで生きた人」

「腹違いの姉9人と兄1人、そして当時70歳の父と17歳の母から生まれた子」

 

…といったところでしょうか。

またじっくり調べてみたいと思います。。。

 

 これ大事!論語の構成って?

論語は512の短文が、全20編でまとめられている!」

※ ちなみに編の名前は各編の最初の二文字(または三文字)をとったもので、内容上の意味はないそうです!

 

ちなみにこんな感じ。

 

① 学而(がくじ)

② 為政(いせい)

③ 八佾(はちいつ)

④ 理仁(りじん)

⑤ 公冶長(こうやちょう)

⑥ 雍也(ようや)

⑦ 述而(じゅつじ)

⑧ 泰伯(たいはく)

⑨ 子罕(しかん)

⑩ 郷党(きょうとう)

⑪ 先進(せんしん)

⑫ 顔淵(がんねん)

⑬ 子路(しろ)

⑭ 憲問(けんもん)

⑮ 衛霊公(えいれいこう)

⑯ 季氏(きし)

⑰ 陽貨(ようか)

⑱ 微子(びし)

⑲ 子張(しちょう)

⑳ 堯曰(ぎょうえつ)

 

 

 まとめ

ということで、これからこの512個の短文を少しずつ知ってゆく予定です!

果たして全部見てゆけるのか!

それとも三日坊主か!

乞うご期待です!笑

 

では、明日もぜってえ見てくれよな!

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ