hatena challenge !

自学ブログですが、よかったら見ていってください(゜▽゜) ※現在、論語チャレンジ中※

学而第一 その12(12/512)

 

こんにちは、APPALAです。

新しいALL-FREEのCMをみました!

透明なオールフリー、コンビニ限定らしい「ALL-TIME」。

これは買わねば…!

 

f:id:funiculi-funicula:20180614104054p:plain

左が慎吾ちゃん右がゴローちゃん


ということで、

学而第一その12

 

書き下し文

有子ゆうしわく、れいようたっとしとす。先王せんおうみちこれす。小大しょうだいこれるも、おこなわれざるところり。りてするも、れいもっこれせっせざれば、おこなうべからざるなり。

 

APPALA訳

 有先生は言った。

「礼儀の根本は"人と和を為すこと"つまり”人と仲良くすること"なんだ。昔の優れた君主もこれを美と捉えていたのだよ。物事の大小あるだろうがこれが大事なの間違いない、かといって仲良くすることばかり考えていてもうまくいかないものでね。”和”の大事さを知って人と仲良くすることを心掛けながらも、”礼儀”によってケジメをつけなければ、うまくいかないってもんだよ。」

  

感想

 

有先生いいことおっしゃる!(゜▽゜) 

  

 

そもそも礼儀は、かしこまったり、あがめたてまつったり、

 そういうことじゃないんだ。

上に見るとか、神様のように思うとかじゃなくて、

相手をリスペクトして、その人との関係を大切にすることなんだ、きっと!

 

すごい!APPALA大人になってようやく気が付きました!(悟りモード発動)

 

私は上司や先輩と話すことがとても苦手で、

「失礼があっちゃいけない」

「嫌われたら一巻の終わりだ」

なんて意識があって、なんかいつもびくついてるんだけれど(自覚はあるタイプ)

 

でもそれって相手からしてもいい気がしないというか…

 

むしろそれが失礼なのでしょうね!泣(自覚はあるタイプ)

 

でも上手く振舞えないんだよな~。

 

緊張もしちゃうし、

嫌われたら終わりって思っちゃうから人に話しかけるのとかは怖い。

 

 

心の中では、年齢とか関係なしに、

例え上司や先輩であっても本心を話せたらなって思うんですけどね。

 

年上だからとか、失礼のないようにとかじゃなくて、

例え上司や先輩と意見が違っても、相手に合せてばかりじゃなくて、

自分の思うこともしっかりと話せる自分でありたいと思うんですけどね~

 

思うんですけどね~~~😠

 

出来ないんですよね!!

きっと永遠の課題ですね!!やれやれ!!

 

 

学而12に来て、

 

自分がいかに人付き合いが苦手か思い知らされたような感じです。

 

そもそもね、

 

「礼儀」と「人と仲良くする」って対極の位置にあるんじゃないの?

って思ったわけです、学而12を読んで。

 

なんで礼儀が人と仲良くすると近しいのさ?と、不思議に思ったのですが、

 

よくよく考えてみれば、人間関係において和を保つことは、

人と仲良くすることに通ずるよなって、なるほどなって思いました。

 

それと同時に、ああそうか私は

「人と仲良くする=なれなれしくする 」だと解釈してるんだな、と知りました。

 

なにもなれなれしくしなくていいんじゃん!

大事なことは信頼関係を築くことじゃん!

かたく考えるところこそが自分のウィークポイントじゃん!

 

と、いろいろ痛感した回でございました。

 

 

まとめ

 

学而12、

胸にぶっ刺さるものがありました。

 

学び

「私は媚びて生きてきてました」

 

 

媚びたことでここまで生き延びてきました。

 

でもそれは自分の理想とするものではない。

 

もっとたくましく、自分の本心で生きていきたい。

 

生きていきたいもんです…(切実)

 

 「親しき中にも礼儀あり」

ということわざがありますが、

 

 「礼儀も大事だが仲良しに」

という語呂の悪い格言を胸に、(勝手に作るスタイル)

 

もう少し人付き合いが身軽にできる人間になれたらいいなと思います。

 

ゆくゆくは二宮和也さんのようなソーシャルスキルを!

 

…そこまでは難しいね。

 

でも目標だ!

 

ということで、おしまい!

 

 

---------------------------------------------------------

今回も参考にさせていただきました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

 ---------------------------------------------------------