hatena challenge !

自学ブログですが、よかったら見ていってください(゜▽゜) ※現在、論語チャレンジ中※

学而第一 その13(13/512)

 

最近、雨模様の日はきまって頭痛に悩まされます。

今までそんなことなかったのに!

私も雨に唄えばの人みたいに、傘持ってくるくる回って歌いたい~

 

f:id:funiculi-funicula:20180615222432p:plain

カエルぴょこぴょこ頭痛よ治れ~

 

 

学而第一その13!

 

書き下し文

有子ゆうしわく、しんちかければ、げんむべきなり。きょうれいちかければ、恥辱ちじょくとおざかる。ることしんを失わざれば、たっとぶべきなり。

 

APPALA訳

有先生は言った。

「約束事をするなら、それが道義に反してなければ、果たすべきだね。丁寧で礼儀正しくって思うだろうけれど、それに行動が伴えば、自分が恥ずかしくなることはないだろうね。人に頼った時その人が信頼関係を保ってくれたなら、やはり尊ぶべきだね。」

 

感想

 

なんだかなー!訳が難しい!

 

はたして合っているのか?

調べてみても、いろんな訳があって分からんかったです。

 

 

でもあれだね、

 

とても普通のことを、とても正しく言っている

 

って感じだね。

 

つまり、もっとかみ砕くとこういうことでしょ。

 

  1.  約束したなら筋を通せよ(だたし道義に反してないことが前提だぜ☆)
  2. 礼儀ってのは気持ちと行動が伴わないと意味ないぜ☆
  3. 誰かに頼るときは、人を選べよ(じゃないと痛い目見んぜ☆)

 

大体こういうこと。多分ね。

 

ってことで、

 

まとめ

 

学而その13の学び、

 

「人を見る目は養いなさいよ」

 

です。

 

・約束する相手は見定めなさいよ

・礼とは対ヒトにするものですよ

・頼る人も見誤らないように注意しなさいよ

 

ってことで結局は、

 

「己が賢くあれ」

 

というのが有先生のメッセージなのでは、と

 

思ったわけでございます。

 

しゃんとしないとね、対人関係のそういうことは。

 

予期せぬほうに引っ張られやしないように!

 

ってことでおしまいです。

 

 

---------------------------------------------------------

今回も参考にさせていただきました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

 ---------------------------------------------------------